MENU

20代で更年期のような症状を感じる人が増えています

更年期は通常閉経の前後5年間、合計10年間を指します。
日本女性の平均閉経年齢が50歳。つまり、更年期は平均すると45歳〜55歳の頃のことを言いますが、最近では20代、30代で更年期症状が出る人が増えています。

 

更年期障害の症状の原因となるのは女性ホルモンの分泌量が急に減少することです。
女性の場合は初潮が始まって以来、大なり小なり月ごとの波にカラダと心が左右されることで女性ホルモンの影響力を感じる方がほとんどだと思います。
でも実は、一生のうちに体内で作られる女性ホルモンの量はティースプーンで1杯程度。極々少量の女性ホルモンに毎月動かされているなんて、生命の神秘を感じてしまいますね。
微量の女性ホルモンで左右されてしまうカラダですから、その分泌量が急激に減少すると、様々な症状が現れます。それがいわゆる更年期障害です。

 

更年期障害の症状にはホットフラッシュ(のぼせ)や倦怠感、冷えといった体の症状ばかりでなく、イライラしたり、うつ傾向になることがあります。生理前に感じたことがある方も多いかもしれませんね。
20代、30代で更年期のような症状が出てしまったのなら、早めに対策をするのがベター。女性ホルモンは妊娠の準備はもちろんのこと、女性らしいカーブのあるボディラインの形成や髪や肌の滑らかさを保つためにも働いてくれています。

 

まずは生活の見直しから。不規則な生活により自律神経がうまく働くなってしまっていたり、無理なダイエットによる栄養不足、睡眠不足など、ちょっとした変化でカラダがストレスを感じてしまっていることもあります。
また、仕事や対人関係のストレスや神経質な性格など、メンタル面が原因となることも。

 

自分でできる対処法として、リラックスする方法やストレス発散方法をいくつか見つけておきつつ、サプリや食品でのケアをプラスしてみましょう。
だるさや不安感などが続くようなら、婦人科受診も検討を。早めの対処で内面から光る女性であり続けたいものですね。

このページの先頭へ