MENU

30代でも更年期?女性ホルモンの乱れが起こす様々な症状

ホルモンバランスの変化が大きい女性の体。閉経に向けて徐々にホルモンの分泌量が減る更年期には感情のコントロールがうまくいかなくなったり、集中力や記憶力の低下、さらにホットフラッシュや疲労など、実に人それぞれ様々な症状が現れます。
日本人女性の平均閉経年齢は50〜51歳、その前後の10年間(45歳〜55歳)が更年期と呼ばれます。
でも、人によっては30代のうちからホルモンの分泌量が減ってきたり、バランスが乱れることで肉体的にも精神的にも不安定になり、不調がでやすくなります。
女性ホルモンは妊娠・出産にかかわるだけでなく、女性の元気を支えてくれているもの。それが減少すれば不調が出てしまいます。
でも、不調を予防するために自分でできることもたくさんあります。
プレ更年期から心身のケアを身につけておけば、これからの人生も役立つことでしょう。
様々なストレスがかかってくる年代でもありますから、心の変化・カラダの変化・環境の変化などとうまく付き合っていく術を身につけておきましょう。

このページの先頭へ