MENU

40代の美力を底上げ!プラセンタを味方につけよう

プラセンタは美容外科や婦人科といった医療機関でも利用されています。
人間がプラセンタを美容や健康目的で利用する歴史は古く、クレオパトラやマリー・アントワネットといった歴史上の美女も利用していたとされています。
また、あのチャップリンが70歳を過ぎて子供を授かったのもプラセンタのおかげという噂も・・・。

 

プラセンタとは胎盤のことです。つまり哺乳類がお腹の中の胎児を包み込み、守り育てるための栄養がぎっしり詰まっているまさに生命の源と言えます。
そのため、プラセンタには成長を促す「成長因子」や生命の源となるアミノ酸、さらには酵素、ビタミン、ミネラル、核酸といった栄養素がたくさん含まれているのが特徴です。
特に成長因子は赤ちゃんの成長を促すだけでなく、細胞の新陳代謝を促進する働きがあることが分かっています。

 

40代は見た目に大きな差が開く年代でもあります。同年代や年上の人が自分より若く見えたり、鏡をみて思った以上の老け具合に愕然とすることもあるのではないでしょうか。
また、女性の場合、40代はホルモンバランスの乱れが大きくなり、それが原因でだるさやほてり、うつなどの更年期症状を誘発してしまう年代でもあります。

 

サプリメントは薬と異なり、大きな効果を即座に期待できるものではありませんが、副作用の心配もなく続けて利用するには安心です。
あれ?と思ったのならその気づきを無視せずに、無理のない美容・健康習慣として、プラセンタのサプリメントをはじめるのには良い機会かもしれませんね。

このページの先頭へ