MENU

更年期対策に利用される有用成分は様々あります

女性は40歳を過ぎたころから女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少しはじめます。そして、更年期になると低下量が急激になることで体のホルモンバランスを崩し、様々な不調となって現れます。
更年期は女性であれば誰しもが通る道。閉経前後の約5年間を少しでも快適に過ごすためにできるセルフケアの方法を覚えておくのと知らないのでは毎日の生活にも差が出てしまいます。
PMS(生理前症候群)の症状が1人1人異なるように、更年期の症状は皆さん同じではありません。そして効果を感じるケアの方法も1人1人様々ですから、できるだけいろいろなセルフケア方法・メンテナンス方法を知っておくことが毎日を快適に過ごすための解決策につながります。

 

ストレス解消法やリラックス法を知っておく、ストレッチをする時間をつくる、エクササイズを続けるなどの方法とともに、内側から働きかけてくれるのがサプリメントです。
ただ、更年期のためのサプリメントに含まれている有用成分もメーカーにより様々です。
大豆イソフラボンやイソフラボンからの生成物であるエクオール、さらにはプラセンタ、マカ、ローヤルゼリー、高麗人参などが代表的なものであり、メーカーにより当然配合量や組み合わせが異なります。
一人ひとりの体質が違えば効果を実感できるサプリも違って当然ですから、どのサプリメントが一番良いのか?というのはその人その人によって違います。
また、お薬との違いはサプリメントはあくまで食品であるということ。薬のように体に劇的な効果をもたらすことはないものの、続けることでじわじわと実感するというものです。
本来体は急劇な変化を嫌うもの。ゆっくりゆっくり体に働きかけるサプリメントはその分副作用の心配が少なく、体に優しいものを続けたいという女性に向いています。

 

ただし、何度も言うように不調の程度も内容も人それぞれ。
更年期の症状が辛かった方の多くが「もっと早めに婦人科にかかっていればよかった」とおっしゃいます。辛い症状は我慢しすぎずに婦人科に相談することも頭に入れておきましょう。

成分で選ぶ更年期サプリ記事一覧

納豆や豆腐じゃダメ?

女性なら必ず通らなくてはいけない更年期。人によって差はあるものの、女性ホルモンの分泌量が急に変化することで多くの人が何かしらの症状を感じる時期です。セルフケアの方法の1つとしてサプリメントがあります。サプリは食品なのでお薬のように体に急な変化をもたらすことはありませんが、副作用の心配もほとんどなく、お医者様にかからなくても手軽に続けられるのがメリットです。様々なサプリがありますが、更年期世代の女性...

イソフラボンは大豆由来の天然成分です。女性ホルモンに似たはたらきをするため、ホルモンバランスの乱れがちな更年期対策にもよく利用される成分の1つです。でも、大豆なら豆腐や豆乳、納豆などの大豆製品を食べればいいのでは・・・と思いませんか?もちろん、豆乳や豆腐にもイソフラボンが含まれています。ただ、サプリメントの違いは、イソフラボンが体に吸収されやすいかどうかという点です。更年期対策でイソフラボンのサプ...

プラセンタとは胎盤を意味します。お母さんと赤ちゃんを結ぶ胎盤はおなかの中の胎児を守り、育てる役割を果たしています。受精卵をわずか10か月で3キロ前後にまで成長させるプラセンタにはタンパク質・脂質・糖質といった3大3位要素に加え、体の働きを整えてくれる150種類以上の栄養素が含まれています。医療機関でも更年期症状の治療薬として注射も認められているプラセンタ。日本でも1955年から注射が認められており...

ホルモンバランスは体調ばかりか気持ちの面まで影響を及ぼします。特に女性は初潮から閉経までの大きな波と、月経周期による月ごとの波があります。40代中盤あたりから始まる人の多い更年期は閉経という大きな波に向けての体の準備期間です。ここでは、女性ホルモンの分泌量が減り、だるさやイライラ、うつうつなどが気になり始めた更年期世代の人におすすめのサプリメントをご紹介します。

有用成分たっぷりのスーパーフード「マカ」更年期世代の女性におすすめのサプリメントの1つにマカがあります。マカには亜鉛や鉄、カルシウムなどミネラルが8種類、さらにアルギニンやギャバなど必須アミノ酸を含むアミノ酸が18種類含まれ、マカの原産地であるアンデス地帯ではインカ帝国時代から重宝されてきたスーパーフードです。これだけの栄養素が含まれる植物は稀ですが、さらにマカに含まれる「ベンジルグルコシノレート...

漢方薬としてもおなじみの希少植物である高麗人参は実に多くの有用成分を含んでいます。流行しては消えていく健康・美容食材が多い中、古来から現在に至るまで確固たる地位を保ち続けているのが高麗人参です。何年もかけて育てられた高麗人参には大地の恵み、地のエネルギーが蓄えられています。採れたばかりの高麗人参からは土の香りが強く、大地の栄養分をあるだけ吸収して育ったのが感じられます。一度高麗人参を栽培した土地で...

ローヤルゼリーは自然の総合栄養食として、昔から愛用されています。ミツバチの中でも1日平均2000個から3000個の卵を産み続ける女王蜂だけが食べるローヤルゼリーにはビタミン・ミネラル・アミノ酸をはじめ、デセン酸、γ−アミノ酪酸など50種類もの栄養素がバランス良く含まれています。活力アップ、健康維持などのために日本でも昔から利用されていますが、辛い疲労やほてりなどが現れる更年期世代の女性にも人気です...

亜鉛の豊富な牡蠣

亜鉛は体内にわずか2g程度しかない「微量ミネラル」ですが重要な生理機能をつかさどっている大切な栄養素です。骨や皮膚、肝臓、脳、腎臓などに存在し、大切な役割を担っています。体の中で作ることのできない亜鉛は食事から摂取するしかありません。しかし食べ物から摂った亜鉛はすべてカラダに吸収されるわけではなく、その吸収率は約30%程度です。また食物繊維やシュウ酸が亜鉛の吸収を阻んでしまう場合があります。カラダ...

アスタキサンチンのパワー

アスタキサンチンとは海の生き物が持っているカロテノイドの一種です。カロテノイドは赤色や黄色の天然の色素で、自然界には600種類以上もあると言われています。カロテノイドはアスタキサンチンの他にはニンジンのβカロチン、トマトのリコピン、とうがらしのカプサイシンなどがありますが、アスタキサンチンも含め、どれも抗酸化作用に優れているという特徴があります。なかでもアスタキサンチンは、栄養がなかなか行きわたり...

閉経前後の5年間に体や心の不調が出るのが更年期障害の特徴ですが、主な原因は女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が急激に減少することが原因とされています。エストロゲンは別名「卵巣ホルモン」と言われ、子宮・卵巣・乳房などの働きをコントロールするホルモンです。女性らしさを高めてくれるエストロゲンは肌や髪質などにも影響が高いということが分かってきています。エストロゲンは生理が終わるころから分泌量が増えはじめ...

このページの先頭へ