MENU

サプリで更年期対策ならエクオール

更年期の症状は様々

女性なら必ず通らなくてはいけない更年期。
人によって差はあるものの、女性ホルモンの分泌量が急に変化することで多くの人が何かしらの症状を感じる時期です。

 

セルフケアの方法の1つとしてサプリメントがあります。
サプリは食品なのでお薬のように体に急な変化をもたらすことはありませんが、副作用の心配もほとんどなく、お医者様にかからなくても手軽に続けられるのがメリットです。

 

様々なサプリがありますが、更年期世代の女性におすすめなのがホルモンバランスのサポートをしてくれる働きが期待できるのが大豆イソフラボン由来のエクオールです。


 

エクオールと大豆イソフラボンの違いは?

納豆や豆腐じゃダメ?

女性ホルモンに似た働きをする成分として有名なものに大豆に含まれる「大豆イソフラボン」があります。
大豆イソフラボンが体内で女性ホルモンに似た働きをするためには 大豆イソフラボンを腸内細菌が分解し、エクオールを作り出す必要があるんです。

 

でも、大豆に含まれる成分なら何もサプリをわざわざ飲まなくても、「お豆腐や納豆など、大豆製品を食べればいいのでは?」と思われる方もいるかもしれませんね。

 

実は、このエクオールを体内で作り出せるのは、日本人女性の場合は2人1人。
50%の女性が体内でエクオールを生産できないため、大豆製品を食べても効果を実感しにくいということが分かっています。

 

とはいえ、女性ホルモン(主にエストロゲン)のパワーに比べるとイソフラボンやエクオールの力は小さいものです。
じっくり続けて体と心をサポートしてあげるつもりでサプリメントを続けてみましょう。

 

更年期の症状が辛いようなら我慢しすぎず、婦人科のお医者様にご相談なさってくださいね。


人気のエクオールのサプリ 比較表

では、更年期世代の女性におすすめの人気のエクオールサプリメント3つを比較してみましょう。

 

商品名 有効成分 内容量 価格
小林製薬 エクオール


小林製薬エクオール

エクオール含有発酵大豆イソフラボン(28mg)、ブラックコホシュ、ヘスペリジン、テアニン 30粒(30日分) 単品初回:1.890円

定期初回:1,350円
通常価格:2,700円/td>

エクオール+ラクトビオン酸

エクオール+ラクトビオン酸

エクオール(10mg)、ラクトビオン酸 90粒(30日分) 定期価格:5,832円

定期3ヶ月毎:15,552円
通常価格:6,480円

ノムダスのエクオール

ノムダス

エクオール、乳酸菌、オオバコ種皮、菊芋 120粒(30日分) 定期初回:1,260円

通常価格:6,980円

 

上記サプリに配合されている主な有効成分

  • ブラックコホシュ・・・ハーブの一種。女性ホルモン(エストロゲン)が低下する際に生じる症状を緩らげる。更年期障害・月経前症候群に。
  • ヘスペリジン・・・柑橘類に多く含まれる栄養素。血流を改善しめぐりをサポートする。
  • テアニン・・・お茶に含まれる旨味成分。緊張・ストレスの緩和。リラックス効果。
  • ラクトビオン酸・・・オリゴ糖の一種。大豆イソフラボンの吸収や、エクオールへの変換をサポートします。
  • オオバコ種皮・・・水溶性食物繊維が豊富に含まれています。めぐりアップ、体内のお掃除に。
  • 菊芋・・・水溶性食物繊維が豊富に含まれています。余分な糖質・脂質をブロック。

エクオールのサプリメント 当サイトおすすめNo.1は?

小林製薬 エクオール

小林製薬 エクオールの特徴

更年期などの漢方薬「命の母」でおなじみの小林製薬から発売の「エクオール」のサプリメントです。

発酵大豆イソフラボンから抽出したエクオールに加え、乱れがちなバランスを整えてくれる「ブラックコホシュエキス」、めぐりをサポートしてくれる「ヘスぺリジン」、安定した毎日をサポートする「テアニン」をバランスよく配合しています。

1日1粒でOK。エクオールは体外に排出されてしまいますので、時間やタイミングを決めて毎日続けることが大切です。

価格 初回 1,890円
評価 評価5
備考 更年期のほか、PMS(月経前症候群)の人にもおすすめです。
小林製薬 エクオールの総評

単品購入の場合も初めての方は1,890円と通常価格(2,700円)の30%オフで購入できます。
定期購入なら初回は1,350円、2回目以降は2,430円。

まずは一度試してみた方は単品で。継続するのなら定期がお得です。

エクオールのサプリで無理なく更年期ケアを続けましょう

更年期の様々な症状の対策には、病院の処方薬以外にも漢方薬や一般薬、サプリメントなどがあります。
体に無理をかけずバランスを整えたい、この年齢になったからこそ健康第一をひしひしと感じている方も多いかもしれませんね。
医薬品を使うほどではないけれど、なんとなくだるい、疲労感がある、更年期が始まった気がするという方は予防を含めサプリメントを利用している方も多くなってきました。
お薬とは違いサプリメントは食品の扱いとなります。目に見える効果は薄いものの、副作用の心配も薄く、普段から使用してケアするのにはちょうどいいのがサプリメントです。
女性ホルモンのエストロゲンの急な減少によっておこる更年期障害。
大豆に含まれる大豆イソフラボンはエストロゲンによく似た働きをすることが知られていますが、実は体内でエストロゲン様の働きをするイソフラボン由来の「エクオール」を生産できるのは日本人では2人に1人。
半分の人はいくら大豆イソフラボンを摂取してもエクオールを作り出せないため、効果が期待できないということになります。
そこで最近注目されているのがエクオールのサプリメントです。
イソフラボンの形のままではなく、大豆胚芽を乳酸菌などで悪口させエクオールを作り出したものをそのまま補うことができます。
エストロゲンに比べれば、エクオールの働きは微々たるものではありますが、普段から補い予防・対策しましょう。

このページの先頭へ