MENU

イソフラボンなら豆乳でもいい?サプリメントで摂る理由

イソフラボンは大豆由来の天然成分です。女性ホルモンに似たはたらきをするため、ホルモンバランスの乱れがちな更年期対策にもよく利用される成分の1つです。
でも、大豆なら豆腐や豆乳、納豆などの大豆製品を食べればいいのでは・・・と思いませんか?
もちろん、豆乳や豆腐にもイソフラボンが含まれています。ただ、サプリメントの違いは、イソフラボンが体に吸収されやすいかどうかという点です。
更年期対策でイソフラボンのサプリメントを選ぶ際には、その点をふまえてチョイスする必要があります。

 

大豆イソフラボンには大きく分けて「グリコシド型」と「アグリコン型」の2種類があります。
グリコシド型は分子が大きく、体に浸透しにくい低吸収型であるのに対し、アグリコン型は分子が小さいため吸収率が高く吸収スピードも速いのが特徴です。
「イソフラボンサプリを飲んでも何の変化も感じられなかった」という方は、そのイソフラボンがアグリコン型であるかどうかを確認してみるとよいかもしれません。

 

大豆イソフラボンを摂取すると、腸内で分解されエクオールという成分に変化します。そして、このエクオールこそが女性ホルモンに似た働きをすることが分かってきました。
ところが、イソフラボンからエクオールを体内で作り出すことができるのは、日本人の場合2人に1人しかいないと言われています。大豆食品を毎日食べているのに効果を実感しにくいという方がたくさんいるのはそれが理由です。

 

最近ではエクオールの形にまで分解したものをサプリメントとして発売しているものもありますので、イソフラボンのサプリと合わせて確認してみましょう。

【比較表あり】エクオールのサプリメント おすすめはどれ?

このページの先頭へ