MENU

亜鉛は200種類以上の体内酵素の構成成分

亜鉛の豊富な牡蠣

亜鉛は体内にわずか2g程度しかない「微量ミネラル」ですが重要な生理機能をつかさどっている大切な栄養素です。
骨や皮膚、肝臓、脳、腎臓などに存在し、大切な役割を担っています。

 

体の中で作ることのできない亜鉛は食事から摂取するしかありません。
しかし食べ物から摂った亜鉛はすべてカラダに吸収されるわけではなく、その吸収率は約30%程度です。また食物繊維やシュウ酸が亜鉛の吸収を阻んでしまう場合があります。

 

カラダと心の働きにも重要な役割を持つ亜鉛ですが、汗や尿と一緒に排泄されてしまう量も多く、年齢とともに排泄量が増えてしまうという特徴があります。


 

亜鉛の持つ効果と欠乏した場合の症状

前述したとおり、亜鉛は骨や皮膚、脳などすべての細胞内に存在するミネラルです。
必要量は約2gと微量ではあるものの、生命を維持するうえで重要な役割を担っている栄養素です。

 

体内での亜鉛の主なはたらき

  • DNAやRNA、タンパク質の合成。
  • 味蕾(舌の表面にある味を感じる部分)の形成。
  • 生殖機能を正常に維持する。
  • 皮膚や粘膜の維持。
  • 体内酵素の安定化・活性化

 

亜鉛は多くの体内酵素の金属成分として重要なミネラルです。たんぱく質と結合することで生理機能が発揮され、酵素の安定化・活性化にかかわっています。
DNAやRNAの合成には欠かせず、亜鉛が不足するとDNAの複製や細胞分裂が抑えられてしまいます。そうなると皮膚や粘膜の維持に影響を及ぼします。

 

また、舌の表面にある味を感じる「味蕾」は約1ヶ月で細胞が作り替えられます。亜鉛が不足すると、この味蕾が正常に保てなくなり、味覚異常が起こります。

 

亜鉛が不足した場合(欠乏症)の症状

亜鉛が不足してしまうと、慢性的な下痢、貧血、成長障害、皮膚障害、味覚異常などが起こります。
また、男性の場合は性機能の低下が起こります。

亜鉛の上手な摂り方

亜鉛の摂れる食べ物

亜鉛は肉や魚介類、野菜など、普段私たちが食べている食物に含まれています。
特に牡蠣(カキ)は亜鉛が豊富に含まれています。
アルコールの摂り過ぎは亜鉛の排泄量が増えるので注意しましょう。

 

亜鉛の含有量

 

また、亜鉛の1日の摂取推奨量は、

 

  • 男性(15〜69歳):10mg
  • 女性(15〜69歳):8mg

 

となっています。
(※日本人の食事摂取基準 2015年版より)


更年期世代の女性の亜鉛不足におすすめなのは「マカ」

マカ

栄養バランスに自信がない人のサポートサプリメント

 

栄養素は食事から摂るのが基本ですが、毎日の食生活のバランスに自信がない人は、サプリメントでサポートすることで気持ち的にも安心することができます。

 

亜鉛不足が心配な更年期世代の女性におすすめなのは「マカ」のサプリメントです。
マカは南米原産の植物で「ペルーの朝鮮人参」と言われるほど栄養価が高く、更年期や妊活のサポートサプリとしても人気です。

 

女性の更年期対策だけでなく、マカには男性におすすめの成分も豊富に含まれていますから、夫婦で利用しているアラフォー・アラフィフ世代も多いのが特徴です。

 

マカについて、詳しくは下記ページで紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

 

 


更年期世代は特に亜鉛不足に気を付けましょう

肉類や魚類、貝、穀物などに含まれる亜鉛。私たちの体にはたった2gしかありませんが、非常に多くの働きを担っている大切な栄養素です。
皮膚の健康や骨の健康、成長などに深く関わるほか、ホルモンバランスの調整にも欠かせない働きを担っています。
特に精子の形成障害やインポテンツなど、男性ホルモンの異常に亜鉛不足が関係しています。また、同じように女性ホルモンに対しても亜鉛の働きが重要な役割をもっており、適量の亜鉛を摂ることで女性ホルモンである卵胞刺激ホルモン(エストロゲン)・黄体形成ホルモン(プロゲステロン)の分泌が促されます。月経不順や不妊、更年期障害などの場合は亜鉛が不足しないように心がけましょう
さらに薄毛予防や免疫力など、亜鉛の働きは多岐にわたります。
50歳も間近になり、心身ともに様々な症状が出てきます。でも、それらの症状が栄養バランスの改善によって和らぐのであれば是非とも不足しがちな栄養素を摂るように心がけたいものです。
更年期のせいにしてしまいがちですが、ちょっとの工夫で少しでも毎日が楽に自由に過ごせるようになるためにも無理なく続けられることからはじめてみませんか。

このページの先頭へ