MENU

更年期のの症状は老年期の健康にも影響

女性なら誰もが経験する「閉経」。初潮を迎えたあのころからいつの間にか時は流れ、まだまだ先のことだと思っていた閉経が40代になったころから確実に事実として迫ってくるのを感じ始めます。
「もう、なくなればいいのに!」と思わされたこともある月経も、いざ閉経が近づくと何かを失うような喪失感や更年期の不安、辛さなどネガティブな印象だらけ。
何十回と繰り返してきた月経やPMS(月経前症候群)の症状に人によって差があるように、更年期の症状やその重さにも個人の差は大きく体調の変化・メンタル面への影響は人それぞれです。
イライラしたり汗がたくさん出たりする人もいれば、腰や手足が冷えやすくなる人、寝つきが悪くなったり眠りが浅くなってしまう人、または抜け毛が増えてしまうなどの症状が出る人も。
まずはあなた自身の更年期の症状をしっかり自己チェックし、客観的に更年期の症状をとらえておきましょう。
「閉経後は更年期の症状もなくなって月経のわずらわしさもなくなる」と思っている方も多いですが、ホットフラッシュなどの症状は閉経後に起こる人も多くみられます。
また女性ホルモンが欠乏したことにより脂質代謝や骨の形成がうまくいかず、血圧上昇、静脈効果、糖尿病、骨粗鬆症などの生活習慣病が発症しやすくなります。
更年期は病気ではないから、と症状をそのままにせず、身体の不調にしっかり耳を傾けてあげましょう。
サプリメントはお薬とは異なり、効果がテキメンというわけにはいかないかもしれません。しかし、毎日無理せず続けられる健康習慣としてはおすすめです。
今までお世話になった女性ホルモンが欠如する分をサプリメントで補ったり、リラックスする方法やストレスを解消する方法を身につけるなどして、不快な症状を緩和する手立てをたくさん用意しておくのが更年期対策にはベスト。
我慢しすぎず、今までたくさんお世話になってきた心と体をメンテナンスするつもりで対処法を身につけてみましょう。

更年期の症状で選ぶサプリメント記事一覧

閉経が近づくとともに表れやすい症状は身体の症状ばかりではありません。イライラ、不安、やる気の低下、クヨクヨなど、まるでうつ状態のような心の症状が現れる人も少なくありません。原因は女性ホルモン「エストロゲン」の低下のほか、ストレスなども関係すると言われていますが、はっきりとはわかっていない部分も。同時に皮膚のトラブルや体調不良なども現れる年代でもあることから、さらに心は落ち込む方向に向いてしまいがち...

更年期障害の典型的な症状ともいえるホットフラッシュ。手足は冷えるのに顔がほてる、暑くもないのに汗がダラダラ流れる、頭がぼーっとするほどのぼせるなど、体内の熱が首から上に集中するといった症状です。実際に体温を測っても高いわけではなく、熱が上昇する性質があるのと同じように、体の中の熱が顔に集中してしまいます。漢方の世界では、女性の身体は7の倍数で変化するとされています。14歳前後で初潮を迎え、35歳を...

更年期にはホットフラッシュや頭痛、肩こり、めまいなどの身体の症状ばかりでなく、イライラしたり憂鬱になったりといった心の不調が現れることも多くみられます。体の不調は病院を受診するのに、心の不調は頑張って乗り切ろうとする人も多く、知らず知らずのうちに症状が重くなってしまうこともあります。更年期の心の不調は頑張りすぎた結果である場合も多いため、無理をしすぎず、セルフケアで改善しない場合は病院に相談してみ...

更年期の疲れた対策

更年期の体調不良は脳の暴走が原因閉経を挟んだ前後10年間がいわゆる「更年期」。この時期は女性の心身に様々な不調をもたらします。女性にとって「健康ホルモン」である女性ホルモンは、女性のカラダを隅々まで守ってくれる大切なホルモンです。そのため脳は卵巣に対し、正しく分泌するように指令を出します。卵巣がそれにうまく答えられれば問題ありませんが、卵巣の老化により機能が低下すると脳の指令どおりに分泌することが...

このページの先頭へ