MENU

イライラするのは「更年期うつ」の可能性も

更年期にはホットフラッシュや頭痛、肩こり、めまいなどの身体の症状ばかりでなく、イライラしたり憂鬱になったりといった心の不調が現れることも多くみられます。
体の不調は病院を受診するのに、心の不調は頑張って乗り切ろうとする人も多く、知らず知らずのうちに症状が重くなってしまうこともあります。
更年期の心の不調は頑張りすぎた結果である場合も多いため、無理をしすぎず、セルフケアで改善しない場合は病院に相談してみましょう。
今までは平気だった些細なことでイライラしてしまったり、家族や同僚に八つ当たりしてしまったり・・・あとから自己嫌悪に陥ってしまうような経験はありませんか?
女性ホルモンの分泌量が急激に減る更年期は心に現れる症状も様々です。今までとは違うイライラは更年期うつの可能性もあります。
人の些細な行動に平静でいられない、涙が止まらない、眠れない、不安でたまらない、何をするのにもおっくう、生きていても仕方ないと思ってしまう・・・といった症状があるのならそれは病気のサイン。見逃さずに早めに対策をしましょう。
更年期に入ると疲れやすく、疲労からイラついたり落ち込みやすくなるという傾向もあります。
「リフレッシュ」というとお出かけして気を晴らすというイメージがありますが、ゆったりとした時間を持つことで心身ともにリフレッシュすることもできます。
もし休息を取っても回復しなかったり、だんだん悪化していると感じる場合は危険信号。婦人科を受診してみるなどの対策を取りましょう。

このページの先頭へ